2020年に社会人になる来年入学の高校生にどう関わるか

ワークス研究所さんがまとめられた
『成熟期のパラダイムシフト 2020年の「働く」を展望する』を
非常に興味深く読ませていただきました。

また,2020年に関連して
以下の記事も読ませていただきました。

まぁ,時代・世代の認識の誤解というか
意図的にずらしているというか
その辺の微妙なところは
2ちゃんねるのまとめページのとおりかもしれません。

実際,私はこの46~49年生まれの世代ですので
氷河期に突入して下り落ちて行くような就職時の大変さは
実感しました。

労働市場の予測や人事・雇用・働きかたの予測のポイントは
以下のブログに簡潔にまとめられています。

上記のブログから引用させていただきます。

『成熟期のパラダイムシフト』より

■ トレンドから予測する2020年の労働市場
・「人不足」ではなく「人あまり」が大問題となる
・男性が仕事に就けず、失業率を押し上げる
・団塊ジュニアが中年になったら…
・若年層の失業率は低下、中高年は逆に上昇
・情報・サービス業従事者が全就業者の半数に
・男性が多い製造業は雇用が減り、女性が多いサービス業は雇用が増える
・専門職・技術職、サービス職が増加、労務職は減少
・正社員の減少は緩やかに
・男性の若年正社員が大幅に減少する
・女性の若年正社員比率が上昇し、男性に接近する

■  人事・雇用・働き方、想定される12のシナリオ
①集団で海外に渡る「グローバル出稼ぎ」が現れる
②ミニジョブをかけ持ちするハイスキル・ワーカーが増える
③六次産業化が進み、人材の異業種間移動が活発になる
④アウトソーシングが有力産業になり、プロ人材の有力な仕事先となる
⑤社員のほとんどが「部長」という会社が生まれる
⑥主要企業で世代交代が起こり、40代の社長が続々誕生する
⑦見た目が若く、能力も高い「スーパーシニア」が活躍する
⑧日本企業が世界中で新卒採用を行い、優秀な外国人を大量採用する
⑨NPOが企業と拮抗する「雇用の受け皿」になる
⑩ジョブカラーチェンジを促進させる教育機関が充実する
⑪地元定着志向が強まり、地域の優良企業が注目される
⑫「女子力」が初めて経営に生かされる

 

『「SQ」的社会はほんとうに訪れるのか』より
地域とつながるコーディネート力のある人
グローバルに考え、ローカルに行動する人

さて,今回,この『成熟期のパラダイムシフト』をブログで扱おうと思った理由ですが

2012年度の小学6年生は2020年度は20才→大人になる節目の年
2012年度の中学3年生は2020年度は社会人(大卒)一年生→社会人になる節目の年
にちょうどあたります。

普通科の高校で先生をしていると
どうしても大学入試への対策に目が行きがちになります。

それはそれで必要なことではあるのですが
入試対策「のみ」に目が向いてしまうのは非常に危険じゃないかなぁ
って思っていたりするのです。

将来高校に入学する児童・生徒達や今の高校生に対して
どのような視点を持って
どのような力を育み
どのように普段の授業等に取り入れていくか
一度考えておきたい。

それがこのブログ記事を書こうと思った理由です。

私自身,非常に浅学ですので
認識の誤りや知識等の抜けがメチャクチャあるかもしれません。
続きをご覧になりたい方はその点を踏まえてご覧ください。

私が今後意識したいのは
以下の3つの力と3つの姿勢を
生徒達に持って欲しいということ。

<3つの力>
★課題発見・解決力
★コミュニケーション力
★ツールとしての英語力

<3つの姿勢>
★幅広い視野を持とうとする姿勢
★学び続けようとする姿勢
★女性視点を重視する姿勢

ありきたりなことじゃねぇか
ってツッコミは勘弁して下さい。

特に3つの姿勢かな。
NPO,地域密着志向,六次産業化,女子力,
グローバルに考えローカルに行動…

複数の異なる要素(グローバルとローカル)を繋いだり
今まで目を向けなかったもの(NPO・女性視点)と今あるものを繋いだり
「繋がり」がより大事かと。

そのためには幅広い視野で学び続けていく。

大学入試で徹底的に伸ばされて
伸びきったゴムのような状態で残りの人生を過ごすことは
今後生き残れないのかなぁって思ってます。

まわりの先生方と共有して
生徒との関わりにどう活かすか
落としこんでいきたいですねぇ。

広告