私の授業実践等に役立ちそうなデータ集(個人的まとめ)

普通の先生には役に立たないものばかりかもしれません。
授業や校務の基礎・参考データとして使用している(使用したい)ものを
個人的にまとめました。

 

1.中学生・高校生をとりまく進路環境について

(1)リクルート進学総研「進路環境データ」

 

(2)リクルート進学総研「高校生の進路選択に関する調査」

 

(3)リクルート進学総研「進学ブランド力調査」

 

(4)Benesse教育研究開発センター「高校受験調査」

 

(5)ワークス研究所「2020年の「働く」を展望する 成熟期のパラダイムシフト」

 

単純に高校入試・大学入試にフォーカスしたものが多いですが
その後の就職環境の変化等も意識していくたいですね。
進学のイメージ,学校選択,かかる費用など
学びたい分野・つきたい職業だけでない多様な視点が必要かと思います。

 

 

2.中学生・高校生をとりまくICT・メディアについて

(1)リクルート進学総研「高校生のWEB利用状況の実態把握調査」

 

(2)Benesse教育研究開発センター「子どものICT利用実態調査」

 

(3)CRN「子どもとメディア研究室」

 

(4)CRN「ネットジェネレーションの教育」

 

情報モラル教育とか含めちゃうとさらに膨大な量になりそうなので
子ども達とメディアとの関わりを中心にまとめました。
メディアとの接触が生活習慣や学習習慣に
大きく影響を与えているので
この部分は無視できないと考えています。

 

 

3.中学生・高校生の気質などについて

(1)リクルート進学総研「高校生価値意識調査」

 

(2)Benesse教育研究開発センター「「中学生のもつ『場』における意欲」研究報告書」

 

(3)Benesse教育研究開発センター「第4回 学習基本調査・国内調査 高校生版」

 

(4)電通「若者問題研究所=「電通ワカモン」

 

(5)P-NEST「@peps!ランキン 女の子の流行りモノNO.1」

 

生徒一人ひとりを見つめていくのは当然のことですが
全体的な傾向を把握し
それらの傾向とどの程度近いのか,違うのか
また,それはなぜ起こるのかを意識することも必要と感じます。

 

 

4.保護者と生徒との関わりに関するもの

(1)リクルート進学総研「高校生と保護者の進路に関する意識調査2011」

 

(2)Benesse教育研究開発センター「第4回子育て生活基本調査(小中版)ダイジェスト」

 

特に初めてのお子さんをもつ保護者の方々は
不安に感じることも多いかと思います。
一般的な状況をお知らせすることが
安心感に繋がると思っています。

 

 

5.教師の取り組みに関するもの

(1)リクルート進学総研「高校の進路指導・キャリア教育に関する調査」

 

(2)Benesse教育研究開発センター「小中学校における理科授業の改善に向けて」

 

(3)Benesse教育研究開発センター「中学校の学習指導に関する実態調査報告書2011」

 

自分の意識や取り組みはまだまだですなw
日々,精進です・・・

広告