電子書籍端末についてメモ

この記事は自分を含めた本当に一部の人のためのものです。

1.以前はKindle 3(Kindle keyboard)のユーザでした。

あれは初代iPadが脚光を浴びまくっていた時期だったと思います。

どうしても電子インク端末を体験したくなり

やはりKindleだろうということで

Kindle 3を購入し,使ってました。

こんな感じでアップデートについて記事を投稿したこともありましたし,

ツイートをしたこともありました。

とはいえ,英語の書籍なんて読まない(実は読めないw)ので

本来amazonが想定する使い方はやってなかったです。

Calibreによるニュースチェックと自炊等のPDFリーダーが主な使用目的でした。

Kindleが日本での販売を開始した時は大喜びでした。

Kindle 3は日本の書籍に対応していない事実に遭遇するまでは…

2.仕方ないので現行Kindleを検討する。

ということで,Kindle 3はビールと交換ということで海外出身の知人に譲り

現行Kindleを購入することに。

で,どの端末にするか…

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite 3G

Kindle Fire

Kindle Fire HD 16GB などなど。

電子インク端末一択なので,Paperwhiteで検討。

Kindle 3は3Gモデルだったので,Paperwhiteも3Gモデルにしようと思ったのですが

3GではamazonやWikipediaくらいしかアクセスできないので

Wi-Fiモデルに決定。

予約注文が遅れたので,入手まで時間がかかりました…

3.つなぎにkoboも考えてみたが…

発送まで待てないので,koboも考えました。

 

新品だと割高感があるので,中古も含めて検討しました。

結局,Kindleが意外と早く届いたので,買わなかったです。

4.やはりCalibreは超便利。

Calibreは電子書籍管理ソフトです。

Kindle以外にも,koboなど,多様なハードに対応しています。

 

ブログ等のRSSを定期的に変換してくれます。

毎日ニュースチェックをこれで行っています。

5.ケースはあえて非純正を使用。

Kindle 3はケース等に入れずに裸で使ってました。

Kindle Paperwhiteは心配だったのでケースを購入。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、オニックスブラック (Kindle Paperwhite専用)

 

実物を家電量販店で見たので,質感は高いのですが

3500円くらいはしますので,さすがに高かったです。

みんなと同じというのも若干抵抗がありましたので,非純正品を購入。

 

値段の割には悪くなかったです。

ケースの開閉で電源のオン・オフもできて,便利です。

6.PDFが読めないのか?

今までのKindle 3と同じようにPDFを読もうと思ったのですが

2012-12-26 06.46.43

こんな感じでメモリ不足のメッセージが出てしまいます。

解決の方法がないか,調べてみます。

やはりkoboもおさえとくべきか!?

kobo Touch 【販売:楽天kobo】【送料無料】

kobo Touch 【販売:楽天kobo】【送料無料】
価格:6,980円(税込、送料込)

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】
価格:7,980円(税込、送料込)

 

まぁ,デバイス増やしすぎるのもアレなので,じっくり検討します…

広告