「Air Explorer」ストレージ容量の少ないWindowsタブレットに有効か?

1.「Air Explorer」を利用しようと思った理由

Windowsタブレットが低価格化して,その低価格化が定着しつつありますね。

やはり,この手の端末で頭を抱えてしまうのがストレージの容量。
上記のacerのタブレットは32GB。
私が所有している2台のWindowsタブレットはそれぞれ32GBと64GBです。

GoogleドライブやDropboxなど,端末内のストレージにファイルが保存・同期されるクラウドを利用する場合,すぐにストレージが圧迫されます。
また,同期をとるために常駐しますので,処理速度が高速でないこの手の端末では,動作自体が遅くなるリスクも発生します。
(この辺は詳しくないので誤りがありましたら申し訳ありません。)

ブラウザからクラウド上にあるファイルを呼び出すことも可能ですが,もう少し効率化できないのか?

ということで調べて利用しはじめたのが「Air Explorer」です。

2.ダウンロードとインストール

普通といえば普通。
ダウンロード・インストールは自己責任でお願いします。
http://www.airexplorer.net/jp/
http://www.airexplorer.net/jp/
上記のサイトからインストーラーをダウンロードして,普通にインストール。
初回起動時に,利用するクラウドの設定を入力すればOK。

ちなみに,機能としてはこんな感じ(上記サイトより引用)

  • クラウドサーバ間でのコピー/貼り付け
  • アップロード、およびダウンロードの一時停止と再開
  • Air Exlorer でファイルを共有
  • クラウド上のファイルをすべて一元化して検索

3.使い勝手

ほとんど問題ありません。普通に便利に使えます。

1つだけ問題があるならば,(ソフトウェアの性質上当たり前ですが)編集ができないこと。
例えば,Googleドライブ上のMicrosoft Wordファイルを開いても,上書き保存できません。

ただし,Googleドライブについては,Microsoft Office内で解決可能です。

https://tools.google.com/dlpage/driveforoffice

上記のプラグインを使うことによって,使うことができます。

他のクラウドについても,同様の方法があると良いのですが…

4.まとめ的なもの

私はWindowsタブレットは持ち運び用のサブ機ですので,これらの方法で妥協できました。

クラウド使ってるから,本体端末のストレージ容量少なくてもいいや
って思って購入したけど… って方には1つの方法になるかもしれません。

広告