実践の「ネタ」と「タネ」

1.実践のネタ・・・学んだこと

9月5日(土),熊本市で開催された『アクティブラーニングに役立つ!看図アプローチ』に参加しました。

https://www.facebook.com/events/812497718866143/
画像がきちんと出てきませんね。申し訳ありません。

生物の授業でアクティブラーニング型授業を取り入れて1年数ヶ月。
生徒たちがより活発に授業に参加してもらうために
1つでも多くの授業デザインにおける選択肢を増やそうと思ったのが参加のきっかけ。

懇親会も参加させていただき,非常に楽しく,充実した時間を過ごすことができました。
感謝です!!

その,「看図アプローチ」について,私自身は,
(1)あいまい性を含んだ絵(ビジュアルテキスト)を利用し,発問を行う
(2)2択から4択の選択肢を準備する
(それぞれの選択肢にもっともらしい理由をつける)
(3)身近で意外性のある題材を利用する
ことで,授業を活性化させる手法だと感じました。

2.実践のタネ・・・授業に取り入れてみる

そして,習ったことは実践に移したい方なので,早速授業に取り入れてみました。

単元は「生態系における物質生産」。
植物群落は,地域・林齢などによって,総生産量・呼吸量・純生産量とその総生産量に占める割合が違ってくるということがポイント。
実際の写真とは異なりますが,例えばこんな感じ。

(1)熱帯多雨林の物質生産について,このような写真を提示しました。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:South_American_jungle_photograph.jpg

「発問」→「Think-Pair-Share」→「解答と短い説明」を(2)から(6)のように行いました。

(2)発問「この写真はどのバイオームのものですか?」

(3)発問「熱帯多雨林の総生産量は照葉樹林の総生産量に比べて,高いと思いますか,低いと思いますか,それとも同じくらいだと思いますか?」「なぜ,そう思ったのですか?」

(4)発問「熱帯多雨林の呼吸量は照葉樹林の呼吸量に比べて,高いと思いますか,低いと思いますか,それとも同じくらいだと思いますか?」「なぜ,そう思ったのですが?」

(5)発問「純生産量の求め方を確認しましょう。どのような計算で求めることができますか?」

(6)の発問「それでは,予想してください。熱帯多雨林の純生産量は照葉樹林の純生産量に比べて,高いと思いますか,低いと思いますか,それとも同じくらいだと思いますか?」

(7)やりとりが終わった後,図録で熱帯多雨林と照葉樹林の物質生産を比較したグラフを用いて,ポイントの確認を行いました。

3.改善に向けて・・・タネを芽生えさせるために

あいまい性や意外性のある図を用意できたのかということと,意外性のある題材だったのかというのが,自分の中で不明瞭だった部分です。
ただ,生物の授業では図を多用するので,図を見て考えさせるというアプローチは有効なのではと改めて気付きました。

まだまだ,修行が必要ですなw

広告